SELBY MICRO110

 行きつけのカメラ店でたまたま見つけ、その小ささに感動して買ってしまった。1985年頃のことだったと思う。その昔は110(ワンテン)フィルムの小型カメラが流行したこともあったが、最近では全く見かけなくなった。
 このカメラで撮影するときは、キーホルダーのついた110フィルム型のコインボックス部分をはずし、110フィルムを取り付ける。実際のカメラ部分は正面の青い部分(レンズ部)と左の巻上げダイヤルとファインダー(折りたたみ式)だけである。110フィルムのカートリッジがカメラボディーを兼ねている。
 この、まるでレンズ付フィルムの様なカメラの写りは、全体にピントもコントラストも甘く、いかにもおもちゃで写した様な写真であった。それは、子供の頃、フジペットで初めて撮った写真に似ていた。
名称 セルビ マイクロ110 ハイキッチ
型式 110フィルム使用超小型カメラ
レンズ f=25mm F=8
シャッター メカニカル 1/120秒
ピント合せ 固定 1m〜∞
ファインダー 折りたたみ式スポーツファインダー
フィルム巻上げ ダイヤル式
大きさ(寸法、重量) 幅63×高さ34×奥行30mm 20g
その他 コインボックス キーホルダー付

上へ