KONICA  C35  Flash matic

 母が自分用に購入した初めてのカメラである。私の兄が機種選定したようだ。これもかなり使い込まれ。へこみやキズがある。しかし、レンズについては保護用に付けられたフィルターのおかげで無傷。クリーニングしたところ、曇りも全くなかった。水銀電池の手持ちがなく、露出計の動作は未確認だが、確実に動作するはずである。当然、バルブはメカニカルで動作する。また、専用ストロボも同時に購入したそうだが、どこかへ行ったか現在は不明である。

 ファインダーをのぞくと、二重像がうすく、全体の透明度も落ちているようだ。そして、炎天下の車中に置いていたため二重像が縦方向にズレてしまっていて、ピントが合わせにくくなっている。
 
 しかし、このカメラ、手にすると実に小さい。それに、とにかく軽い。最近のコンパクトカメラはプラスチックボディーで小さいくせに、けっこう重く感じる。巻上げのモーターやら大きな電池のせいだろう。それに比べてこのカメラの小ささと軽さは宣伝の通り『ジャーニー』で女性向きにも思える。

 シャッター音はとにかく安っぽいぐらいに軽いが、レンズは大口径ヘキサノンで実によく写る。これに比べ、最近のコンパクトカメラのレンズはなさけなさすぎると思う。
   

<性能表>
名称 コニカ C35 フラッシュマチック
型式 35mm レンズシャッター式
距離計連動
EEカメラ
レンズ ヘキサゴン f=38mm F=2.8
絞りF=2.8〜14
シャッター コパル
B、AUTO(1/30〜1/650秒)
セルフタイマー付
シンクロ接点付ホットシュー
ピント合せ 二重像合致式距離計連動
ファインダー 採光式ブライトフレーム付
ビューファインダー
露出計 CdS受光素子使用外光式測光 
EE自動露出
フィルム感度 ISO64〜400
フィルム巻上げ レバー式1作動
製造番号 605001
発売時定価 14,700円
その他 愛称「じゃーにーコニカ」、重さ370g
 

上へ