愛知県障害者委託訓練

 愛知県では、愛知障害者職業能力開発校を拠点校として、障害のある人の雇用の促進を図るため、多様な委託先を活用した職業訓練を平成16年度から実施しています。
 その中で、NPO法人しんしろドリーム荘は、奥三河で唯一のパソコン訓練を受託し実施しています。
 
平成19年度生を今後募集します。席数に限りがありますので、お早めにご計画下さい。
お問合せは、NPO法人しんしろドリーム荘(0536−23−6999)まで、お気軽にどうぞ。


(コース概要)
 就職の際に必須ともされるパソコンの基礎から、企業内で最も使われているWord/Excelについて、事務作業に必要な知識と技術を習得します。講座の主な内容はパソコンの基本操作、Windowsの基礎、Word基礎、Excel基礎。
 一般パソコン教室の経験者、情報処理技術者及びMOS検定合格者といったパソコンの専門知識を有し、かつ愛知県人にやさしい街づくりアドバイザー、福祉住環境コーディネータ2級資格など障害者福祉の基礎知識を兼ね備えた教授陣が教えます。


「しんしろドリーム荘−パソコンスタートコース」
 ・平成17年9月3日〜10月28日 修了しました。
 ・平成18年5月16日〜7月11日 修了しました。
 

「しんしろドリーム荘−パソコン実務コース」

 ・平成17年11月3日〜12月28日 修了しました。
 ・平成18年7月19日〜9月14日  修了しました。

(教室運営の方針) 
○職場で必須となっているパソコン操作を習得させ、雇用促進に寄与します。
○人間関係を大事にします。
 職業能力として重要な組織の中でうまくやっていく能力を大事にします。
○パソコンを道具として、その道具を使って何をしたいかを考えることを学びます。
○福祉まちづくりを発信します。
 この講座をきっかけに、障害者が街にすすんで出て、暮らしやすい街づくりの提言をすることにつなげたいと思います。

(記録)
・・・平成17年10月に修了したスタートコースは、全員の方が元気に通い、車椅子の方も麻痺がある方も精神障害のある方も誰もが隔たりなくファミリーのようになりました。終了後の打ち上げではカラオケで盛り上がりました。







<もどる>