笑いは人と人を結び付け、笑いは心を解き放ちます。
この素晴らしい力をもった笑いを一人でも多くの人に与えたい。

ケアリング(癒す)・クラウン(道化師)をやりたい
・・・そんな夢をもったドリーム荘が誇るMr.NAGASAKA

医療、介護、子育て、老人学など、専門知識も兼ね備えた
ケアリング・クラウンはコミュニケーションの達人です。


(2007.4.21(土)
新城市民病院にて「ホスピタルクラウンの世界」
〜新城市民病院に行って笑おう〜
 を開催します。是非お越し下さい。

広報チラシは、ここから



2007.4.21 「ホスピタルクラウンの世界」
〜新城市民病院に行って笑おう〜
やりました。報告します。




はじまり はじまり


はじめは 「2台のピアノのための組曲「天狗のかくれみの」」 で おもてなし

ピアノ)夏目順子さん、杉浦雅子さん 朗読)平野とも子さん

会場には多くの一般の方、そして入院患者さん、お医者さん、看護師さん


クラウンKさんの登場  もう笑いの渦


クラウン テルダーさんも登場  患者さんも大笑い


病院内と一体になってプロの技


普段は素顔をみせないKさんこと大棟耕介氏。特別にクラウンKから素顔になっての講演

一時も笑いが絶えません。
「クラウンの技」は、私達の日常生活で人と人の間でうまくやる術を教えてくれました。
人と人との間、すなわち「人間」として大事なものを思い出させて頂いた貴重な体験でした。

今日この時が、将来の「あのときがきっかけだったね」といえる瞬間であったと確信します。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。よきスタッフと苦労できたことにも感謝します。

また、お会いしましょう。







2006.4.28)
「ケアリングクラウン研究会 名古屋」様からの情報提供です。

Caring Clown Times

創刊準備号2006.4.15   発行:ケアリングクラウン研究会
NPO法人 エイジレス異文化交流の会 アセア

ケアリングクラウン研究会の沿革
2003年の4月、ケアリングクラウン研究会は始まりました。2002年にパッチ・アダムスが来日した際に、招聘実務とイベント運営に携わっていた私は、パッチを通じて「クラウン」の威力にノックアウトされてしまい、「私が、この価値を伝えないといけない」と強く感じました。そして、翌年4月、東京都文京区でケアリングクラウン研究会が産声をあげることになりました。その後勉強会やワークショップを続けるとともに、病院のイベントなどにもお招きを受けています。
2004年、再びパッチが来日した際、神戸のプログラム「ワークショップ“What is your Love Strategy?”」や、講演会、ファンドレイズパーティ、ケアリングクラウン訪問をボランティアとしてサポートしてくださった方々を中心に、大阪でも研究会が開始。同じ頃、東京参加者が埼玉県熊谷市で助成金を獲得し、埼玉でも活動がはじまりました。20057月からは、名古屋でも研究会が始まり、ケアリングクラウンに興味を持つたくさんの仲間がお互いの顔が見えるようになってきました。
今後の計画
 ケアリングクラウンは、もはやピエロの格好をして余興をやるオモシロソウなボランティア技術ではないことに、多くの人が気づきはじめています。ケアリングクラウンには、人と人とのつながりのつくり方、共感、人間が生きていく上でのいろいろな知恵がたくさんつまっています。「クラウンの可能性」を多くの人と一緒に発見し、そのすばらしさを皆でシェアしていくために、2006年度は3つの新しい方向性を目指しています。
 まず、運営母体についてですが、全国的な広がりと人数増加に伴い、これまでの任意団体から、2003年設立のNPO法人エイジレス異文化交流の会(通称:アセア)の一事業として展開することになりました。これにより、事務作業、地域での展開等さまざまな面でパワーアップできると思います。高田は、NPO法人アセア理事に就任いたしましたので、これからも、責任を持ってケアリングクラウン研究会のお世話をいたします。
 2番目は、実践活動についてです。実践が最も重要と考えていますが、ケア現場に出向く以上、適切な訓練も必要です。2006年度は「実践力」をテーマとし、別紙でご案内している『実践のためのケアリングクラウン養成講座』を主たる活動とします。連続参加が基本ですが、これまで通り1回づつの参加も可能です。その他、ご招待いただいた施設にケアリングクラウン訪問をしますし、NPO法人アセア主催の国際文化交流ツアーにもクラウンとして参加しましょう。これまで、定例会という形で続けてきた勉強会は一旦休止し(埼玉は継続)ます。施設訪問の依頼を受けることが多くなったら、その連絡会議として定例会や修了者の会として復活する予定です。
 3番目は、ケアリングクラウンのネットワークづくりです。メーリングリストの開設と、情報誌「Caring Clown Times(仮称)」を年に4回(〜8回)発行し、ACEAの会報誌の一部としてお届けします。国内外のケアリングクラウンに関するさまざまな情報、ショビ・ドビのホスピタル・クラウン・ニューズレター(邦訳許可をいただいています)、皆様からの投稿といった内容です。
 その他に、ケアリングクラウン研究会について、ご要望・ご意見・ご提案をいただければと思っています。
今年度の予定
各地域の養成講座初回は、下記のようになります。
1回は「ケアリングクラウンの世界」がテーマです。
『ケアリングクラウン養成講座・広島』
    開催日時:20065271330
    場  所 : 広島市東区民文化センター・中会議室

『ケアリングクラウン養成講座・大阪』

開催日時:2006620日 1800

場所:NPO法人アセア会議室

『ケアリングクラウン養成講座・名古屋』

開催日時:2006630日 1800

場所:名古屋国際センター 第2研修室

『ケアリングクラウン養成講座・東京』

詳細未定。会場が決められません。ごめんなさい。

 

その他活動情報 あれこれ

埼玉グループ定例会 

2006年4月19日(水)さくらめいと1830

埼玉グループは、偶数月第3水曜日夜熊谷市の「さくらめいと」、奇数月第3土曜日午後滑川町の「松寿荘」で勉強会を開催中です。年3回ケアリングクラウン訪問も有ります。お問合せ・申込は事務局長の新井さんまで。

090-8812-5291 ica13011@nifty.com

東京 番外勉強会 2006420日(木)1830

パッチ・アダムスのアフガニスタン訪問ドキュメンタリー映画“Clown in Kabul”の上映会をします。(上映開始1915〜)場所はアートランドか高田の自宅(文京区向丘1丁目交差点)。必ずお申込(artland@nifty.com or 03-5802-0233)ください。手料理夕食付500円です。

 

大阪 定例会  2006516() 18002100

名古屋 定例会2006526()18002100
テーマ:『自分のクラウンフェイスに出会おう』

内 容:クラウンメークをすると、違う自分になれるように思われます。しかし、クラウンメークをすると、かえって自分らしさが表に現れ出てくるものです。自分の顔に向き合いながら、クラウンメークを通じて自分自身の知らない自分を発見してみましょう。

名古屋初回、大阪は2回目です。大阪の内容は、昨年と若干異なるものになります。

参加費:1000円(メーク顔料を購入したい方は要予約)

持ち物:汚れてもよい着替え、タオル2枚、手鏡、メーク顔料は準備しますが、ある人は自分のクラウンメークの道具を使ってください。

申込先:caring_clownjp@yahoo.co.jp

FAX03-5802-0288

場 所:大阪:アセアがあるビルの隣り鞄本ポリグル様の会議室をご好意でお借りします。中央区本町3-3-9(地下鉄「本町駅」徒歩3分)

名古屋 名古屋国際センター第1研修室

 

ご案内と募集情報

5月14日(日)クリニクラウンオーディション

日本クリニクラウン協会は、クリニクラウンの公開オーディションをします。締め切りが今月25日(必着)に迫っていますので、考え中の方はお急ぎください。

http://www.cliniclowns.jp/

 

ジネーブラ・サングィーニョさんの『ケアリングクラウン体験ワークショップ』

520日に塩尻市でワークショップがあります。信州あかいはなnet主催。参加費1万円。人数限定有り。

下記に詳しい情報があります。問合せFAX 0263-53-7116

http://www.geocities.jp/akaihananet/

 

ツイスターズ2006

クラウンのコミュニケーションの道具としてたいへん魅力的なバルーンの大会のご案内です。

http://www.twistballoon.jp/twisters2006/

 

ジネーブラの南イタリアケアリングクラウンツアー

71日〜10日。参加費1600ユーロ+イタリアまでの交通費。直接メールで資料をお取り寄せください。

clown.one@flashnet.it

 

パッチ・アダムスの第22回ロシアツアー

115日〜20日までの日程で募集中です。参加費は、3450ドル+ロシアまでの交通費。詳細はHPで。

http://www.patchadams.org/clown_trips/russia

 

ケアリングクラウン研究会ボランティア募集

ケアリングクラウンネットワークの情報誌 ”Caring Clown Times(仮称)の発行にあたり、編集委員会を持ちたいと考えています。@編集委員になっていただける方、A翻訳にご協力していただける方、Bレイアウト・デザイン・イラスト・印刷・発送のお手伝い等をいただける方、名乗りをあげてください。また、各地域の養成講座運営のお手伝いをしていただける方も募集します。

 

編集後記

私の友人で新しい病院の準備室に勤務する看護師のTWさんから、ステキなメールをいただきました。

(略)

> 開院は来年3月です。

> 個人的には、開院式に、ぜひたくさんのクラウンに来てもらって、遊園地の開園式みたいにしたいなあと思っています。(略)

> ケアリングクラウンが来ても自然に溶け込めるような病院を作りたいと思っています!!

来年の3月『ケアリングクラウン養成講座』を終えた全国の仲間たちで、この病院を応援に行きたい!

イラスト・写真も入れられず、読みにくい紙面になりましたが、今後もいろいろな情報を発信します。次回はクラウンキャンプ終了後、6月創刊号の発行予定です

Caring Clown Times (仮称)創刊準備0号

発行:NPOエイジレス異文化交流の会 アセア

ケアリングクラウン研究会 代表世話人 高田佳子

113-23               東京都文京区向丘1-13-5-503

Tel03-5802-0233 Fax03-5802-0288 artland@nifty.com

http://takadayoshiko.info




名古屋プログラムの概要 

フェーズT 

T-1     『ケアリングクラウンの世界』630日(金) 1800〜 

ケアリングクラウン、ホスピタルクラウン、クリニクラウンという語句の概念の違い、世界の活動の実態など、ケアリングクラウンに関する基礎知識を習得します。

T-2     『国際親善大使としてのケアリングクラウン』721日(金)  1800

海外の紛争地や自然災害地、難民キャンプや避難所などを回っているケアリングクラウンたちがいます。パッチ・アダムスのドキュメンタリー映画「クラウン・イン・カブール」を観賞しながら、ケアリングクラウンの本質について、ディスカッションします。

T-3     『病院訪問クラウンの実際』83日(木) 1800〜 

子どもを小児科病棟に訪ねるクラウンは、ヨーロッパではプロの仕事として確立しています。その目的や、組織の仕組み・ルール、トレーニング方法について学び、病院クラウンについて、理解を深めます。

T-4     『地域活動にケアリングクラウンの力を応用する』91日(金)  1800〜 

              老人ホームなどの福祉施設、教育・保育の現場など、地域社会の中で求められていることに、ケアリングクラウンはどのようにアプローチできるかを考えるセッションです。

修了テスト(9月20日必着で郵送) ケアリングクラウンに関する基礎知識を中心とした理解度と自分自身の目標とする方向性を確認します。

 

フェーズU   *全て身体を動かす実践型ワークショップです。

U-1  『自分のからだを感じる』923日(土)10001630 講師*瀬戸嶋充

人に接するときの自分の体の状態を意識し、野口体操を用いてリラックス方を学びます。

U-2  『自分のクラウンキャラクターを探る』1028日(土)13001700 講師*塚原成幸 

              人は誰でも心の中にクラウンの部分があります。自分のクラウンに触れるレッスンです。

U-3  『クラウンキャラクターで動く』1118日(土)13001700 講師*塚原成幸

              さらに自分のクラウンキャラクターを見つめ、自分の個性を客観的に捉えるレッスン。

U-4  『クラウンイメージをふくらませる』1216(土)10001700 講師*塚原・高田

              エンターテイメントとケアリングクラウンの違いを理解し、体で実感するワーク。

修了テスト(1223日必着で郵送)自分なりのケアリングクラウン観が構築でき、実際にクラウンとしてどのように人と接したいのかのビジョンを確認します。

 

フェーズV

V-1 『実践に向けてのワーク』 2日講座)1月  日・ 日 場所未定 

概要:接遇マナー、衛生管理、傾聴などの一般的な知識の習得と、ロールプレイを通じてこころとからだに触れていく体験を目的としたワークです。          

V- (開催地未定)『ショビ・ドビの実践ワークショップ2007・中級編』合宿WS

概要:Shobi Dobiの指導によるケアリングクラウンの実践に向けてのワークショップです。

     修了テストが受けられなかったも、初級編の『ショビ・ドビの初めてのケアリングクラウン』は受講可能です。

 

参考図書

『ケアリングクラウン1・病院編』(晩成書房)、『パッチ・アダムスと夢の病院』『パッチ・アダムス、今みんなに伝えたいこと』(主婦の友社)『笑いは心と脳の処方箋』(リヨン社)『PACKMANと笑ってゆこう』(地方・小出版流通センター)他





この街のどこかで、お会いしましょう。   See you.



<戻る>